歯を白くする治療には、歯科クリニックで行なうオフィスホワイトニングと、自宅で行なうホームホワイトニングの二種類があり、それぞれ必要な費用や、メリットなどが異なっています。
自宅でホワイトニングをするメリットとして、まず通院の回数が少ないこと、自分のペースで行えること、などが挙げられるでしょう。ホームタイプのホワイトニングでは、まず歯科クリニックで自分の歯に合ったマウスピースを作成してもらい、それを持ち帰って、セルフケアをする、という形になります。忙しくあまり頻繁に歯科クリニックへ通院できないという方でも、気軽に試すことができる方法だといえるでしょう。自宅から歯科クリニックまでが遠い、平日は夜間まで仕事をしている事が多いという方は、オフィスタイプの施術を選んでしまうと、通院が負担となってしまうかもしれません。ホームタイプを選べば、頻繁に通院をしなくても、しっかりとホワイトニングケアができますので、スケジュールを気にする必要がありません。また、通院回数が少なくなるため、施術にかかる総費用も、オフィスタイプより安くなるという利点があります。しかし、歯が白くなるまでにかかる期間は、オフィスタイプよりも長めになりますので、よく比較して最適な方法を選ぶことが大切です。歯を白くする治療には、歯科クリニックで行なうオフィスホワイトニングと、自宅で行なうホームホワイトニングの二種類があり、それぞれ必要な費用や、メリットなどが異なっています。
自宅でホワイトニングをするメリットとして、まず通院の回数が少ないこと、自分のペースで行えること、などが挙げられるでしょう。ホームタイプのホワイトニングでは、まず歯科クリニックで自分の歯に合ったマウスピースを作成してもらい、それを持ち帰って、セルフケアをする、という形になります。忙しくあまり頻繁に歯科クリニックへ通院できないという方でも、気軽に試すことができる方法だといえるでしょう。自宅から歯科クリニックまでが遠い、平日は夜間まで仕事をしている事が多いという方は、オフィスタイプの施術を選んでしまうと、通院が負担となってしまうかもしれません。ホームタイプを選べば、頻繁に通院をしなくても、しっかりとホワイトニングケアができますので、スケジュールを気にする必要がありません。また、通院回数が少なくなるため、施術にかかる総費用も、オフィスタイプより安くなるという利点があります。しかし、歯が白くなるまでにかかる期間は、オフィスタイプよりも長めになりますので、よく比較して最適な方法を選ぶことが大切です。

パパインの成分解説はこちら!