%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%8f%e3%82%b7

コーヒーを飲んだ後に口臭が酷くなる理由としては、コーヒーの成分が口の中に残ってしまうからです。

対策としては、簡単なやり方としてコーヒーを飲んだ後に水で口の中を洗ってください。非常に簡単ですが、すぐに実行できてある程度効果も期待できます。

また、コーヒーを飲んだ後口臭が酷くなる厳密な原因はなんでしょうか。口の中が乾いている時は特に、口臭が酷くなります。一般的にもいわれますが、乾燥していると菌が発生しやすくなり、結果として口臭が酷くなります。なので、口の中が乾いている時は、コーヒーではなくて水を飲むようにしましょう。もし、コーヒーを飲めば菌が活発になり口臭を酷くします。

コーヒーにより口臭が酷くなることを防ぐ具体的な方法としては、液体歯磨きを使用する方法があります。出先でどこにいても液体歯磨きを持参していれば、すぐにコーヒーによる口臭をおさえることができます。

よってコーヒーによって口臭が酷くなることは、コーヒー成分に原因がある以上は、コーヒーを飲む時間を工夫したり、飲んだ後に歯磨きや、水で口の中を洗う等の対策をすれば大丈夫です。

また、コーヒー由来のポリフェノールは、歯の汚れ・黄ばみの原因としては非常に有名ではないでしょうか?

歯の汚れ・黄ばみが直接的に口臭に影響を与えることは少ないですが、口が臭い上に歯が黄ばんでいるとなると、印象は最悪と言わざるを得ません。

「口臭」と「歯の黄ばみ」、これら二つを同時に対策できるとしたら、コーヒー好きには嬉しい限りですよね。

 

そんな時にはこれ!「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」がおすすめです。

歯に黄ばみを落とし、口臭予防も出来る歯磨きジェルです。さらに虫歯予防や、歯茎の健康まで守ってくれるので、1つで3つも4つもお得に、口内のトータルケアが出来る優れものですよ!

 

ちゅらトゥースホワイトニングの口コミはこちら!